2009年12月06日

社会教育者辞典 成田久四郎より

横山祐吉(一九〇五〜一九七八)

 横山は非凡な先見性と抜群の企画力を備えた運動のリーダーとしての資質に恵まれていました。またその経歴に見るように音楽、演劇、雑誌の編集などの遍歴から青年団運動に転身した異色の存在でした。この異色の文芸肌の素質こそ後年、文化活動を主体とする青年団やユース・ホステル運動のリーダーとしての彼に大きくプラスしました。運動を進める上での絶妙の運営技術を見せたのも、かかる素質に負うところが大きかったです。

彼は明治三十八年一月二日、東京都に生まれました。
大正十一年三月、官立東京音楽学校(現東京芸術大学)中途退学。
同十二年五月、私立新劇研究所研究科終了。
昭和二年二月、新報社に入社、雑誌少女号編集主任。
同四年二月、財団法人社会教育協会に勤務。
同十年三月、大日本連合青年団嘱託編集部勤務。
同十五年十二月、大日本青年団が大日本青少年団に統合され、
同十六年一月、大日本青少年団文化部教養課長。
同十九年三月、総務局広報部長。同二十
年五月、大日本青少年団解散。
同二十年七月、財団法人日本青年館事業部長。
同二十三年一月、常務理事。
同年二月、機構改革で事務局長。
同二十六年二月、日米文化交流計画により米国視察(三ヵ月)。
同年九月、日本青年団協議会事務局長。
同年十月、日本ユース・ホステル協会(JYH)創立、理事長。
同二十八年六月、日本青年団協議会青年団研究所長。
同三十一年八月、辞任。
同年七月、JYH協会専務理事。
同三十九年八月、国際YH連盟執行委員。
同四十一年四月、JYH協会副会長・理事長。
同四十三年一月、総理府青年の船、第一回団長。
同四十五年八月、国際YH連盟副会長。
同四十七年十一月、JYH協会々長。
同四十九年十二月、名誉会長。
なお十指に余る政府審議会委員をもつとめました。
昭和四十一年十一月、藍綬褒章受章。
同五十年五月、勲三等旭日中綬章を受章しました。没年二月七日従四位に叙せられました。

 戦前の活躍もさることながら、むしろ彼の真骨頂は、焦土の余熱が容易に冷めることももなかった終戦直後の活躍にありました。当時の国内情勢は敗戦の混乱、食糧難など最悪の事態におかれていました。餓死線上の民衆の怨嗟の声が巷に満つるを見るにおよんでは、青年団運動のごとき迂遠なる事業の末だその時期にあらざるを観念せざるを得ませんでした。

 ところが彼は、これを一向に意に介することなく、戦後青年団の育成のために東奔西走、新生青年団誕生の産婆役として、CIE青少年部長のダーギンやタイパー等を通じてGHQとの渉外活動など、もろもろの難問題に身を挺して当たりました。その甲斐あって昭和二十六年五月、日本青年団協議会が結成され、事務局長に就任しました。このとき、すでに四十六歳でした。それから二年後、事務局長から初代の青年団研究所長に転じ、「共同学習の手引」(青年館発行)や、「勤労青年教育基本要綱」をまとめあげるなど、着実に成果を挙げつつありましたが、日青協三ヵ年計画の行き詰まりの犠牲となり、ついに昭和三十一年度の研究所の予算ゼロに追い込まれ、青年団、青年館を追われるがごとく去って行きました。組織人である限り、いずれは避けられない試練ではあったが功労者である彼が組織のあまりにも非情冷酷に涙を呑みました。

 しかし彼は屈しませんでした。アメリカ視察の折り感銘を受けたユース・ホステル運動に後図をかけました。幸いにも僚友中山正男ら多くの協力と彼が多年培った青年団組織のOBの支援を得ることができました。苦難の連続ではあったが僅か五十余名の会員から六十三万の会員を擁する大組織に飛躍させました。この余勢をかって国際YH連盟の副会長に就任し∫YHの国際的地歩をゆるがぬものとしました。

 彼は短身痩躯、色黒く、その目は窪んで、澄明、時に異様な光を放ちました。あの体のどこから、あの活力が生まれるでしょうか−彼の行動には前進あって小休止なしのフル回転でした。日曜、祭日お構いなしの行事計画には周囲が、へき易したものです。運動に対する彼の情熱はすさまじかったです。

 戦後の青年団の産婆役を見事に果たし、日本のユース・ホステル運動を創始し、これを飛躍的発展を遂げしめ、戦後の青年運動の栄光の道を歩みつづけた一人の青年運動家も火の燃えつきるが如く昭和五十三年一月二十六日七十三歳の生涯を閉じました。


 田澤は昭和八年貴族院議員に勅選されて、憂国の質問演説を行いましたが、それが単なる議場の拍手で終わったことは是非もない日本の運命であったのかも知れません。

 二・二六事件後の広田弘毅内閣に内後大臣として入閣を求められたがそれを断りました。昭和十四年には淀橋青果青年学校の校長に(無給)自ら志願して就任しています。かれは日本の動向が次第に非常時から戦争へと傾斜してゆくあの時代に「人生最高の悦びは自由創造にあり」とする新自由主義を信条としてよくぞ生き抜いたものです。

 だが青年団、壮年団の育成、政治教育、労務者教育など数々の偉業を体当たりでなしとげた教育思想家、田澤の歩んだ栄光の道も時流には抗し難く、かれの晩年に挫折の影を見るのです。そして太平洋戦争も深まる昭和十九年三月、四国善通寺の講演の旅にあって、あえて敗戦を予言し、その場に卒倒しました。以来わが家のしきいを踏むこともなく限りなき失意と、祖国の前途を案じながら十一月二十四日、旅路の善通寺で五十九歳の生涯を閉じました。

社会教育者辞典 成田久四郎より
(文章・文体は変えてあります)
【関連する記事】
posted by ss at 12:40| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。